ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークの10連休中に引き落とし日を迎えるクレジットカード会社

10連休中に引き落とし日を迎えるクレジットカード会社があります。

「10連休中に引き落とし日を迎える」ということは、連休明けの「5/7」の火曜日にすべての支払いが落ちるということですね。

要約ポイント

  • 連休明けの「5/7」の火曜日にクレカの支払いが落ちる
  • クレジットカードの支払いが複数重なるので、残高不足になる可能性が高い
  • 多めに口座にお金を用意しましょう
10連休中に引き落とし日を迎えるクレジットカード会社

10連休中に引き落とし日を迎えるクレジットカード会社

連休明けの「5/7」という山場

2019年(令和元年・令和1年)のゴールデンウィーク連休明けにあたる「5/7(火)」に、多くのクレジットカードや公共料金の支払いが引き落とされます。

月末支払いのものや、月初支払いのものが「天皇退位・即位による10連休」のどさくさに紛れて、大幅にずれてしまうということです。

そのため、5/7(火)には多くの引き落とし処理が入り、銀行のシステムが止まる可能性があります。銀行のシステムが止まった時に、引き落とし処理ができないということで事故扱いになるなんてことも発生しかねません。

携帯代やクレジットカードの支払いが複数重なるので、残高不足になる可能性が高いんですよね。

※その場合はさすがに気づいたら訂正できそうですが(自己都合ではなく銀行都合のため)

連休明けの「5/7」は山場ですね。

10連休中に引き落としのクレジットカード

2019年ゴールデンウィークの10連休中に、(平日だった場合は)本来引き落としだったクレジットカード会社のリストになります。

本来5月2日引き落とし

パターンがありますが、トヨタファイナンス(TS CUBIC CARD)が5日締めの翌月2日払いになっています。

また、イオンカードも10日締めの翌月2日払いなので、本来5月2日引き落としですが連休明けの5月7日引き落としになります。

本来5月3日引き落とし

また、翌月3日引き落としの「東武カード」は本来5月3日引き落としですが、連休のため、連休明けの5月7日引き落としになります。

本来は5月4日引き落とし

次は本来は(平日だった場合は)5月4日引き落としになったはずのカードです。連休のため、連休明けの5月7日引き落としになります。

  • クレディセゾン
  • りそなカード
  • 出光カード
  • ビューカード

本来は4月27日引き落とし

  • アプラス
  • NICOS
  • ライフカード
  • セディナ
  • 楽天
  • OMC
  • JACC
  • 日専連
  • オリコ

また前月4月末、27日に引き落としのクレジットカードもあります。連休に入ってしまうので、連休明けの5月7日引き落としになります。

まとめ

  • 連休明けの「5/7」の火曜日にクレカの支払いが落ちる
  • クレジットカードの支払いが複数重なるので、残高不足になる可能性が高い
  • 多めに口座にお金を用意しましょう

\年末年始にあとちょっとお金が足りない人へ/
今月の支払いが重なってて数万円足りない!
💰こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
お役立ち経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました↓↓
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-ゴールデンウィーク

Copyright© クレカフィット , 2019 All Rights Reserved.